ラジオ書き起こし(ナインティナインとオードリーのオールナイトニッポンやキスマイradioなど)

個人的に興味のある番組の文字起こしです。

「ポロポロポロポロポロ芸です」の公開裁判(オードリーANN2014年1月18日④)

      2015/03/05

若林:ポロポロポロポロポロ芸です、については、ちょっと裁判だよね、これはね~

春日:そうだね、あれは助かった、私だったら、もう苦笑いするしかないもん「へへへっ」

若林:大笑

春日:「まあね~」って

若林:春日さんは「平場ヘタ」なんていう

2人:タイプじゃないから

春日:あれは助かったよ、それくらいの空気だったからね「ポロポロポロポロポロ芸です」は、笑

若林:電話して聞いてみる?笑

春日:何を思って発言したのか?

若林:うん

スポンサーリンク

春日:聞いてみたいね

若林:「ポロポロポロポロポロ芸です」、ゴンちゃんに電話してみます?

春日:もしかしたら元からあったのかもしれないね、そういうパターンがさ

若林:うん、あ、ギャグ?

春日:うん

若林:あ!ほんとは、ああいうポロっと落とすことが計算なのかもしれないね

春日:それもあるし、ポロっと落とすことがあるじゃない

若林:うん、あるある

春日:その時用に発動する「ポロポロポロポロポロ芸です」っていう、緊急回避用のパターンなのかもわかんないし

若林:なるほど

春日:うん

若林:それは聞いてみた方がいいな

春日:あの場で

若林:今後絡むときに

春日:そうだね

若林:「ポロポロポロポロポロ芸です」が

(電話のピピピという音)

春日:あの場で咄嗟に出た苦し紛れのじゃない可能性があるから

若林:そうか、こっちのミスかもしれない

ゴン:はい、もしもし

若林:速いな!

春日:大笑、今電話鳴った!?出るのが早いね!

ゴン:鳴りましたよ

春日:鳴ったかい、笑

若林:ラジオ聞いてた?

ゴン:今くじらさんとチロと影武者というショーパブから一緒に車の中で聞きながら

若林:笑

春日:そっか、まさに聞いてくれてる最中だ?

ゴン:今、最中で

若林:今現場にチロもいるの?

ゴン:いますいます

若林:聞いてたら話早いよね?

ゴン:話は、すごい緊張感走って「やばい電話来る」って

春日:そうね、ちょっとさ、ラジオを、車のを消して、音を小さくして

ゴン:1回ラジオを消してって

春日:響いてるからね

ゴン:響いてましたね、はい

若林:今ラジオを、俺と春日でオールナイトニッポンというのを5年くらい前からやらしてもらってるんだけど

春日:今回で220回です、ゴンちゃん

ゴン:はい

若林:ちょっと、聞いてみないとっていう空気になってる

ゴン:笑

春日:我々では図りかねることが起きてさ

若林:紅の豚のサングラスをね、落とすっていうことがネタの中に入ってたのかもしんないねってことになって

ゴン:はいはい

春日:うん

若林:これは、笑い抜きで確認なんだけど

ゴン:はい

若林:落としたのは、あれはミスなの?計算なの?

ゴン:ミスです

2人:大笑

春日:あ~やっぱりね

ゴン:こんなところで、いや~怖いですね、笑

若林:それで、ポロポロポロポロポロ芸ですって、あれはゴンちゃんが2014年に押すギャグなの?

ゴン:あれは、テンパった末に出た言葉ですね

春日:あ~、ミスしたときに、毎回あれを言うわけじゃない

ゴン:じゃないんですね

春日:あの場で

ゴン:ちょっと覚えてないですね、テンパり過ぎて

若林:あ~

春日:相当そうなんだ

若林:テンパってたのか

ゴン:テンパってたんですね、僕たぶん

春日:あ~

若林:芸歴だって16年だよね?

ゴン:そうですね、はい、笑

若林:そこ認めるんだ、笑

春日:なんでその~ちょっとわけわかんなくなったの?「言われた!」と思ったの?落としたこと

ゴン:落としたことを「言われた!」と思ったのと、なんとかごまかしたい

2人:大笑

若林:いや、あれごまかせないでしょ!

ゴン:笑

春日:大笑

若林:明らかに落としてたから、大笑

春日:「ごまかしたい」大笑

若林:ごまかしてたんだ?

ゴン:はい

スポンサーリンク

若林:別に笑い的にスカしたんじゃなくて、ごまかそうとしてたんだね

ゴン:これほんとに恥ずかしい話、ごまかそうと思ってました

若林:じゃあ、しょうがないよ

ゴン:はい

若林:ちなみに、ポロポロポロポロポロ芸ですって、本家のやつ聞かせてもらっていい?俺振るわ

ゴン:はい

若林:それはあの、サングラス落としたのは、あれあの~ミスでしょ?

ゴン:ポロポロポロポロポロ芸です

若林:笑

若林:ゴンちゃんね?

ゴン:はい、笑

若林:そんなね?「ポロ芸です」みたいにフザけてね、お笑いってそんなんじゃないじゃない?

ゴン:はい、笑

若林:ゴンちゃん、お笑いほんとに好きなの~?

ゴン:・・・・大好きですよ

若林:いや、ゴンちゃん

ゴン:好きです好きです好きなんです!

若林:そうそう、これがシアトルでずっとやってたやり取り

春日:あ~そうなの?

ゴン:笑

若林:今やろうとしたら、ゴンちゃんが忘れてたのよ

ゴン:大笑

春日:ゴンちゃん!

ゴン:笑、は~怖い

若林:ゴンちゃん、今年はあれだ、ポロポロを押していく感じだ?

ゴン:押していかないです、いや、これはもう二度とたぶん出ないです

若林:あ~そう

ゴン:ごまかすことをやめました

若林:これからは、ミスの時は「ミスだ」と

ゴン:はい、さらけ出していきます

若林:じゃあ、あのサングラスを落としたのは、ミスなんだよね?

ゴン:(エコー、息を吸って)ミスです!!

2人:いやいや、違う違う!

若林:「ポロ芸です」を聞きたいのよ

春日:ゴンちゃん!

若林:ミスですよ?その通り、笑

春日:恥ずかしいエコーかけさせるなよ大沢さんに!

ゴン:今から間に合います?

若林:パニクるんじゃないよ!ニッポン放送に、笑

春日:ダメだよ今のは

若林:今から言っても、笑

春日:「ポロポロ」今のは春日でもわかったぞ~?

ゴン:笑

若林:笑

春日:今のは~

ゴン:笑

若林:「ミスです!」大笑

春日:笑

ゴン:うわ~恥ずかしい~

若林:まあ、そういうこともあるよね

春日:笑

ゴン:はい

若林:こうやって膨らんだからいいんじゃない

ゴン:いいんです、もう、いいんですよ、ほんとに

春日:うん

若林:な?

ゴン:パフォーマーなんだから僕ら

春日:ん?

若林:なに?

ゴン:パフォーマーなんですから、わかんない

若林:パフォーマー?

ゴン:そうです

若林:どういうことですか?

ゴン:「どういうことですか」って追及厳しいな!笑

若林:笑

春日:芸人さんでしょ?

若林:お笑い芸人でしょ?

ゴン:いや、ボディーアーティストですから、パフォーマーですから、そんなん言われてもわかんないですよ

春日:「ボディーアーティスト」大笑

若林:ほんとにボディーアーティストって言うんだよ

春日:ボディーアーティスト!大笑

ゴン:だからあんまり

春日:大笑

ゴン:お笑いの返しがわかんない

春日:肩書はそうなんだ

ゴン:そうですそうです

若林:だから普通に、今月のネタどういうネタやったの?ってゴンちゃんに聞いたら

春日:うん

若林:「今回はミュージックボディーアートやりましたから」

春日:笑

ゴン:笑

若林:知らねぇし!って心の中で思ってるんだけど、笑

春日:そうね

ゴン:思ってんじゃないですよ!笑、そこはお願いしますよ若さん

若林:ゴンちゃん、3人ね、大事に未来の可能性がつまったお笑い芸人が乗ってるわけだから

ゴン:はい

若林:くれぐれも安全運転で帰ってよ?

ゴン:いやいや、そんなふりは、わかりますよこっちだって

若林:そうだよな

ゴン:そこはちゃんと帰ります、笑

春日:そらそうだ

若林:ゴンちゃん、あのサングラス落としたのはミスなんだよね?

ゴン:(エコー)ポロポロ・・・・

若林:いや今回は「ミス」なのよ

ゴン:あ、そうだったんですか、もうわかんないわ

春日:新しいのができちゃってるから

ゴン:笑

ガチャン(電話を切った音)

2人:・・・・・大笑

 - オードリーのオールナイトニッポン, オードリーのオールナイトニッポン(2014年)