ラジオ書き起こし(ナインティナインとオードリーのオールナイトニッポンやキスマイradioなど)

個人的に興味のある番組の文字起こしです。

「オードリーの方が良かった」ってこのラジオが終わってから言うんだ、どうせ。(オードリーANN2014年11月15日①)

      2015/03/05

若林:若手ってさ、お互いのこと気にするっていうかさ、不思議なもんだよな、話し聞いててさ

春日:うん

若林:ケーダッシュの中の話を聞くわけよ、今それオレ言わないけど

春日:うん

若林:なんか聞いてると「気にしなくてもいいのにな~そんなこと」って思うのね

春日:はい

若林:同期くらいの芸人のこととかさ、会社のこととかさ

春日:うん

スポンサーリンク

若林:当事者って気にすんだよな、あれな?

春日:まあ、そうだろうね、それしかないわけだもんね

若林:このラジオでしゃべったことあるかもしれないけど、昔さ、にっちもさっちもいかなくて

春日:うん

若林:アメフトの格好してバンバンぶつかってさ、ただぶつかるだけだよ、舞台上で

春日:うん

若林:漫才もコントもウケないからやってたじゃない

春日:うん

若林:でさ、なんかこう、人と違うことやんなきゃいけないってことだけ思ってるから、その~ぶつかり合ったまま追っかけ合って

春日:うん

若林:舞台の下に降りてって、奥のお客さんの扉から外出てって、それで恵比寿の路上でタックルして終わるっていう、誰も見てないんですけど

春日:あったな~

若林:お前って偉いよな!

春日:何がよ?

若林:お前はやっぱすごいよな、オレがある日ファミレスで訳分かんないことを言い出す「アメフトの防具でぶつかり合ってるショートコントをやる」と

春日:うん

若林:「で、オチなんだけど、劇場の客席から出て行って、劇場からも出ます」と

春日:うん

若林:「で、恵比寿の出たところの路上でオレが春日をタックルするから、そこで「ありがとうございました」って言って終わろう」

春日:うん

若林:っていうことをさ「ウィ」で済ますってすごいよな

春日:笑

若林:オレはやっぱ間違ってたと思うもん、その時やってたショートコント

春日:まあそうだな、うん、だって誰も居ない舞台が暗転すんだもんね、大笑

若林:大笑

春日:出囃子鳴って(口ずさむ)♪って、大笑

若林:出囃子な、ケーダッシュのライブの

春日:大笑

若林:どう思うわけ?その「恵比寿の外の路上出て」あん時のマネージャーの目、冷たかったぞ、戻ってきた時

春日:そうだろうね「何やってんだ!あんたたち何やってんだ!」って話だからね

若林:ほんとにさ、「何やってんだ!」って話じゃん

春日:うん

若林:正直、なんにも面白くないし

春日:うん!

若林:それが尖ってると思ったら大間違いだし

春日:うん

若林:人と変わったことやれって言ったって、変わったことをやってるだけだからな

春日:そうだね

若林:大笑

春日:何にも守ってないからね

若林:でも偉いよな、それをオレが言い出してやるんだもんな、オレ、ネタ作られる側だったら絶対イヤだって言うと思うもん

春日:笑

若林:25くらいでしょ、あの時

春日:その時はそれが面白いと私も思ったからね

若林:大笑

春日:「いいね!」って

若林:それがさ、当時それで考えると、どきキャンの岸が楽屋いてさ、アメフトの防具が入ったカバンを、春日のね

春日:うん

若林:思いっきり蹴ってんのよ、で、「こんなのやって売れると思ってんのかよ」って言いながら春日のカバンを蹴ってんのよ

春日:ほう

若林:オレ、それ見てさ、ほんとに怖くて

春日:笑、怖いって何よ?

若林:いや、ムカついたの、最初

春日:うん

若林:最初ムカついたんだけど、その後、泣きそうになったの、情けなくて

春日:まあ、そんなんされると

若林:一言言いに行こうかな岸くんに、と思ったんだけど、怖くて、あいつ身体とかデケェし、笑

春日:笑

若林:オレのバッグは蹴られねぇし

春日:私は別にそれ、絡みではあるけどね、岸と私の

若林:大笑、いや!これは絡みでもあるけど、それはさ

春日:うん

若林:マジの部分もあるじゃん、その絡みは

春日:うん、そうだね

若林:でさ、それってさ

春日:うん

若林:気にしなくてもいいじゃん

春日:うん

スポンサーリンク

若林:自分たち正直、売れる時なんてコンビはそのコンビで売れていくからさ

春日:うん

若林:なんかさ、申し訳ないけど口では言うけどさ「事務所一丸となって」とかさ

春日:うん

若林:それはオレの考えじゃなくて、世の中とか使う側がお手厳しいよ、売れる時は一組で売れていくわけじゃん

春日:まあそうだね、「あそこの事務所全体を使ってやろう」とか無いからね

若林:うん、そう、だから誰かが売れた時にすごく嬉しいし、すごく悔しいっていうのがたぶん本当であって

春日:まあ、複雑ではあるよね

若林:うん、そうじゃなきゃ駄目だし

春日:うん

若林:でもさ、そんなさ、横の誰のコンビが先にテレビに出たとか関係なくて、事務所に押されてとか関係ないのに、気にするなってことを若手の子たちも言ってたのよ

春日:まあそりゃ、横も見ますもの、ライブやっててね

若林:うん

春日:勝ち負けじゃなけど、飛び抜けて面白かったりしたらしょうがないのがあるけどさ

若林:うん

春日:ね?そんなに自分らと変わんねぇなみたいなふうに思ってた子がボーンといっちゃったら

若林:うん

春日:なんだ!と思うだろうね、何が違うんだ?と

若林:そうそう

春日:うん

若林:そういうのを思い出したね

春日:うん、そうだね

若林:うん

春日:先のことは考えられないからね

若林:うん

春日:横を見るでしょ

若林:うん

春日:うん

若林:すごいよな、それでその子たちは25、26って言ってたかな

春日:うん

若林:今すごいいっぱいいるんだってね、コンビが

春日:それくらいの年代が、ケーダッシュがってこと?

若林:そうそう、でも春日ってあんまり横並びのコンビのこと気にしてなかったよね、当時から

春日:あ~そうだね、うん、あんまりない・・・出来ないしね、同じようなことをね

若林:あ~はいはい

春日:周りのコンビのように

若林:うん

春日:圧倒的に出れてなかったしね、我々がテレビに一番

若林:うん、たしかにな

春日:だからそこの競争はあんま考えなかったからね

若林:最初に胸張った頃とかよく言われてたもんな「裏だな」とか

2人:大笑

若林:で、オレ、けっこう気にしたし

春日:うん

若林:絶対前の方が良かったって言うから、死んだ人を良く言うのと一緒で

春日:うん

若林:ずっとコントやってて、漫才に変わったらコントのほうが良かったって言うもんだし

春日:うん

若林:このラジオだってそうだよ、いつ終わるかわかんない、そしたら

春日:うん

若林:「オードリーの方が良かった」って終わってから言うんだ、どうせ

春日:笑、そういうもんだよ

若林:そういうもんだよ、大笑

春日:そういうもんよ

若林:やってる時は言われねぇんだよ

春日:うん、結局ね

若林:そうそう、で、何の話か分かんなくなっちゃったんだけど、笑

 - オードリーのオールナイトニッポン, オードリーのオールナイトニッポン(2014年)