ラジオ書き起こし(ナインティナインとオードリーのオールナイトニッポンやキスマイradioなど)

個人的に興味のある番組の文字起こしです。

三傑っていうか、3人しかいないからね。厳選された3人じゃねぇから!(オードリーANN2014年1月3日⑤)

      2015/03/04

(つづき)

若林:で、オレ、本で読んだことあるんだけど

佐藤:うん

若林:あの~、抵抗できない人間がする最後の抵抗っていうのが

佐藤:うん

若林:沈黙って書いてあった

佐藤:大笑

春日:笑

若林:お前、抵抗してんのか?

春日:え?

スポンサーリンク

若林:その、レジスタンスみたいなことなのか?

佐藤:やめてよ~そうなの?

春日:笑、別にそういうことじゃないよ

若林:お前、思春期の子供が

佐藤:笑

若林:親と1ヶ月喋んなくするやつやってんじゃねぇ、ストライキしてんじゃん、コメントストライキ

春日:笑、コメントストライキじゃないよ

若林:コメストしてないよな?

春日:コメストじゃないよ

佐藤:コメスト、笑

春日:うん、それはもう単純にアイディアが浮かばないだけよ、全くね

若林:あ~そう?

春日:そうよ、思いつかないっていうね、ストライキじゃないよ

若林:堰を切ったように出てくるかもしれないんだよ、でも

佐藤:そうだよね

若林:どっかを刺激すれば

春日:どっかイジればそうかもしれんね

若林:あれかな?前立腺とかかな?

佐藤:笑

春日:なるほど、試してみる価値はあるぞ?うん

佐藤:笑

春日:笑、何もやらないよりはな、何もやらなかったらその~

若林:ゴム手袋して

佐&春:笑

若林:ケツに指突っ込んだ瞬間

オードリー:アイディアが

春日:ば~っと、ボケがダ~っと出てくる

佐藤:笑

春日:それは若林さんかどっちかが

若林:そんなザー(^ー^)メンアイディアいらねぇよ!バカ野郎!

一同:大笑

若林:ガマン汁っていうだけにね

一同:大笑

春日:そうよ

若林:ガマンアイディアが出るかもしれない?

春日:そうね

佐藤:そっか~

春日:うん、溢れ、漏れだしてくるかも分からんから

若林:オレ、本で読んだんだよ、最後の抵抗が沈黙って

佐藤:そっか~

若林:オレ、それ読んだ時に

春日:うん

若林:あいつ、抵抗してんのかな?って思ったんだよ、オレ

一同:笑

春日:何に抵抗してんだよ、それ

若林:いや、この力関係とかに

佐藤:なるほどね

春日:笑

若林:オレとサトミツのこのね?ニ党独裁のね

佐藤:笑

若林:あの~環境にね

佐藤:そうね

若林:お前、反旗を翻してんじゃねぇか?はっきり「納得がいかない」って口で言えないから、押し黙って

春日:いや、そんなことないよ

若林:あ~そう

春日:うん、それとは違う沈黙だよ

若林:あ~

春日:うん、そこはね

佐藤:だから、山ちゃんの時と一番大きく違うのは、若林くんは、こういうフリでこういうボケにしたいとかさ、一応なんかその、理論建てて話すのは、無理だと思うから、笑

若林:笑

春日:おい、失敬だぞ!

佐藤:笑

春日:ご本人さん目の前でさ、え?

若林:正月なんだからいいじゃない

春日:正月関係ねぇわ!おい!

若林:大笑

春日:なんで無礼講、そこ

佐藤:大笑

春日:こっちが許したらいいけどさ

佐藤:理屈じゃないじゃん、春日の場合は

春日:ん?

若林:理屈じゃない、あと、肘が折れてるんだよ

春日:関係無いよ、そんなもんは

佐&若:大笑

春日:てめぇが勝手にコケて、折れて、バカじゃねぇか

一同:大笑

春日:え?手術までして

若林:大笑

春日:そんなの何にも譲歩する要素にならんよ、こっちは

佐藤:あ~そう?

春日:うん

若林:これ3人でせっかくいつも「まんざいたのしい」のさ

春日:うん

佐藤:笑

若林:三傑だよ、三傑、な?

春日:三傑っていうか、3人しかいないからね

一同:・・・・・・・・大笑

春日:笑、厳選された3人じゃねぇから!

一同:大笑

春日:3人しかいない、笑

若林:笑、いや、昔は四傑だったのよ、

佐藤:そうね

若林:ツチヤが居たから

佐藤:いなくなっちゃったからね

春日:そうだね

スポンサーリンク

若林:それ決めてよ、2人で、サトミツと春日で決めろ2015

春日:うん

若林:単独ライブまんざいたのしい2015をやるか、2ヶ月に1回ずつ、オードリーネタライブをやるか

一同:笑

佐藤:あれよね?

春日:後輩集めて

若林:ちょっと2人で話し合ってみて?今ちょっと

佐藤:あ~

若林:やりあってみて、ちょっと

佐藤:どう?春日さんは、まあ、二択だとしたら、まんざいたのしいをやるのと、2ヶ月に1回やるのと、どう?

春日:ん~・・・・どっちでもいいね

佐藤:まあ、それだと話終わっちゃうんだけど

春日:・・・・

佐藤:じゃあ、どっちがいい?ネタはやりたいの?ネタは?単純に

春日:ん~・・・・まあ~・・・

佐藤:響かねぇな!お前!!

一同:笑

春日:早い!

若林:これね、オレね、本で読んだんだけど

佐藤:うん

若林:これ、「抵抗」なんだよ

一同:大笑

春日:何に対してだよ!

一同:笑

春日:何に対しての抵抗なの?今、笑

若林:お前は野党

春日:何にプレッシャーを感じてるんだよ、今

若林:お前は、このオードリーのネタに関しては野党じゃん

春日:大笑

若林:オレとサトミツが与党だから

春日:うん

若林:お前はなんかハッキリ反旗を翻さねぇから

春日:笑

若林:どっちでもいいとか

春日:笑、もう、だから

若林:お前、それ、その、ちょうど中間を取ることで、オレたちを苛立たせてんだよ

佐藤:笑

若林:おい!この挑発に乗るな、サトミツ!

春日:笑

佐藤:あ、そっか

若林:こいつがやってる技は安いぞ

佐藤:危ない

若林:単純に中立のことを言ってオレたちを「どっちなんだよ」って苛立たせようとしてる

佐藤:笑

若林:こんな安い挑発に乗るな!

佐藤:あらら~、てめぇ~

春日:笑、何だ!?

佐藤:牛歩戦術的な、ね?

春日:大笑

若林:うん

佐藤:そんなのに乗らないぞ

春日:そういうことじゃないよ、それはさ、うん

佐藤:決めたことに、ちゃんとやるのね?

春日:やるよ!

佐藤:大丈夫?

春日:大丈夫、いけるよ

佐藤:いける?

春日:うん、やろうよ

若林:おい、サトミツ!

佐藤:ん?

若林:いつまでブースにいんだよ!お前!

佐藤:大笑、ちょっと

若林:大笑

佐藤:呼ばれたから来たんだろ、笑

春日:だいたいわかるだろう、その感じで

若林:だいたいお前、もう

佐藤:呼ばれたから来たんだ

若林:正直に言うと、お前

佐藤:何?

若林:10分前だぞ、帰り時!

佐藤:早かったな、けっこう

若林:大笑

春日:一言喋って帰りゃあいいんだよ

佐藤:けっこう早かったな、何かあったの?きっかけ

若林:何を回し始めてんだよ、お前!

佐藤:笑、回し始めてんじゃないよ!なんだよ、急に

春日:このやろう~何か引き出そうとしてただろ、春日から

若林:お前のトイレのラジオじゃねぇんだよ!

佐藤:大笑

若林:他局だろう、あれ

佐藤:そうね、他局だわ

春日:バカ野郎

佐藤:呼ばれたんだよ

若林:お前、大喜利の番組やってるつもりか?

一同:大笑

春日:バカ野郎

佐藤:誰が見てんだかわからないけど、いいんだよ!

(つづく)

 - オードリーのオールナイトニッポン, オードリーのオールナイトニッポン(2015年)