ラジオ書き起こし(ナインティナインとオードリーのオールナイトニッポンやキスマイradioなど)

個人的に興味のある番組の文字起こしです。

ナイツ乱入でお笑い論(オードリーのオールナイトニッポン2012.4.14)

      2015/03/04

若林:すごいと思ったよ俺は、THE MANZAI見て

塙:うん

若林:なんかわかんないけど二人だけが、もちろんそうあるべきかどうかわかんないけど、優勝というものを求めていくという話だけど

塙:うん

若林:二人だけがそっから自由な感じ、超えてる感じしてたもん、4組でやってて

塙:これね、真面目な話するけどね

若林:真面目な話しよう!

土屋:(笑いながら)真面目な話始まった

塙:M-1もやっぱりさ、3回決勝行ってんだよね、で、俺やっぱり失敗だなと思ったのがね、優勝とかよりもね、ウケ狙いたいっていう気持ちが上回らないと

若林:はいはい

スポンサーリンク

塙:結局ね、格闘技みたいになっちゃうのよ

若林:(笑いながら)これめっちゃ真面目じゃん

一同:笑

塙:ミスできない

春日:塙さん

土屋:塙さん、まんまと若林さんのアレに乗ってますよ

若林:大笑

塙:ミスができないってなっちゃうわけ

若林:いや、分かる

塙:だからもうね、優勝っていうことよりもウケたいっていう気持ちが強くないと、やっぱり芸人としてダメだと

若林:うん、漫才をしてるってことでもう全部

塙:そうそう

若林:欲が出ちゃうからね、優勝を狙うと

塙:優勝という欲ってさ、「あ~じゃあこんなこと言っちゃダメだ」とかさ、勝ちにいきたいと思っちゃうじゃん、そんなん、だって関係ないじゃん

若林:うん、関係ない

塙:面白いって思われたいっていう欲が一番強くなきゃいけないじゃん

若林:うん

塙:だから結果的にそれでいいかなって思って

若林:これはね塙さんね

塙:うん

若林:弟子志願者増えるよ

一同:笑

若林:いやもう、めちゃくちゃかっこいいし、そう見えたもん、ナイツの二人

塙:うん

土屋:若林さんと塙さんて

若林:かっこいいな~って

塙:俺ね、うれしかったメールがいっぱいあんのよ

若林:うん

塙:あのね俺はね、THE MANZAIでね2本ネタやったでしょ

若林:うん

塙:2本目のネタがさ、あれはもう生放送だからああなるっていうのでやっただけのネタなのね

若林:はい

塙:だけど1本目のネタが俺は好きなのね、自分で

若林:はいはいはい

塙:今までで一番いいネタだと思ってる

若林:うん

塙:さすがどきどきキャンプサトミツは

若林:あ、サトミツ

塙:佐藤君は「1本目のあれはすごかったね」と

若林:はいはい

塙:ちょっと俺わかってるぞみたいな感じでメールきて

春日:メールしてきた?

塙:うん

春日:やらし~男

若林:笑、あいつそういうとこあるからな

塙:俺はわかってんだぞっていうメールが来て

春日:他のやつとは違うぞ

塙:違うぞ、俺は1本目だぞ、早めに来たよ

春日:あんな顔してね、けっこうグイグイくるのよ

若林:だから他の人は2本目のあのオチの勇気とか

塙:そうそう

若林:あれを言う

塙:そんなのはね!そんなのは、だってあのネタなんか寄席なんかで1000回くらいやってんだから

若林:はいはいはい

塙:だからあんなん別になんでもない、だって面白いじゃんネタとして

若林:うん、正直次の日「ナイツ根性ある、あのネタ」って話で持ちきりでしたから

春日:うん

若林:でもどきどきキャンプの佐藤は違った、と

一同:笑

塙:「1本目、1本目のネタはあれはすごかった、俺はわかってる」と

春日:笑、なるほどね

土屋:うれしかったんだ

若林:いや~すごいね

土屋:いや~もう塙さんと若林さんってたぶんね夜中ね、電話とかして、いっつもこういう熱い話してるんだよ

春日:あ~なんか言ってたね、そうだ

土屋:好きそうだもんね、この二人特に

塙:ただ若林君の時間の感覚が

若林:笑

塙:ちょっと正直僕はもう結婚してるんで、前もラジオで話したけど

若林:大笑

塙:3時くらいに、電話かかってきて、もう完璧寝てるんだよ?で奥さんも「誰!?」みたいになってて

春日:ええ

塙:「(静かな声で)もしもし」って出たら「(元気な声で)いや~この前のあれなんだけどさ~」みたいな

春日:笑

土屋:そこは温度差あるのね

塙:温度差がすごかった

土屋:でも熱い話は好きなんだよね

若林:俺さ、怖くなっちゃって電話できなくなっちゃった

土屋:笑、だから今日聞いたんでしょ?

春日:だから時間帯でしょ?考えてくれって

塙:そうそう、それはもう結婚してるんだし

若林:わかる!俺こないだのラジオで分かったから、それは

土屋:笑

塙:結婚してるから

若林:大丈夫、うん

土屋:もう1回言われちゃった

塙:すごく早く寝るからさ、奥さん早く寝るからさ

春日:笑

土屋:それはもうわかってますよ

若林:笑

塙:うん

若林:いや~でもすごいと思ったけどな~あれ見た時にやっぱり

塙:いやいや

若林:でさ、形でさ、あのあるじゃん

塙:ちょっとすげ~話したい、それなに?形??

土屋:大笑

若林:俺が、ほんと半端じゃねぇ~な~と思って

塙:うん

若林:まずもう1個言っときたいのが

塙:はい

若林:これ一応言っときたいってのがあるの

春日:うん、なによ?

若林:前日、塙君には話したの、「明日THE MANZAIの決勝どう?」って言ったら、塙君はねほんとに第一声でね「いや千鳥さん怖いんだよね」って言って

塙:これね、またラジオで言うとちょっとあれだけどね

若林:うん

塙:ブロックを選ぶときあったでしょ?

若林:はいはい

塙:あのABCDだったわけですよ、ほんでこれ今だから言うけどBCは大人の事情で僕ら出れなかったの

若林:あ~なるほど

塙:裏かぶりがあって

若林:はいはい

塙:AかDで選べ、と

春日:うん

塙:Dには千鳥がいたの、Aは磁石いたの、で磁石は予選2位なの

若林:うん

塙:千鳥は予選2位とかじゃなくてもっと下なのね

若林:はいはい

塙:だから番組的にはDでしょ?みたいな、磁石がいるから、みたいな

春日:はい

若林:うん

塙:僕はもうそこはボケ一切せずに迷わず「Aで」って

若林:笑

春日:笑

土屋:リアルに考えてね

若林:そこは思ってたんだね

スポンサーリンク

塙:千鳥こわ~い、磁石こわくな~い

春日:そう言うと語弊がある

若林:そういうとこがヤバいのよ

土屋:一言多いのよね、それ一言多いのよ

春日:千鳥こわい、だけでいいじゃない

土屋:言わなくていいんだよ

塙:千鳥こわ~い、磁石こわくな~い

土屋:言い方で誤魔化せないよ

若林:全然薄まってないから

土屋:笑、言い方でおちゃらけても全然ダメ

若林:もっと強調されちゃうから

塙:うん

若林:言ってたのよ

春日:へ~

塙:やっぱりね千鳥は、もうそろそろ面白いって評価されるって思ってたから

若林:あ~

土屋:不発に終わってたからね

塙:そうそう、だって面白いんだもん!普通に

土屋:そうだね

若林:うん

塙:そうですよ

若林:それで、形をあの~、最初の出てきた時の形を、初見の形だったら鮮度があんじゃん、ビックリがあるから、見た人の

塙:はいはい

若林:だけど形も知られてあのウケ方と、これはほんとね、俺はちゃんと言わなきゃいけないと思ってたけど、半端じゃないことなんだよ!

塙:それはねオードリーが2009年のM-1に出ない理由としては、ね?球が150キロに見えなくなるだろうってことで出なかったわけ

若林:そう、で、越せないから漫才の2008年の

塙:うん

若林:それをさらにレベルアップさせて、まったく新しく見えちゃうっていうのは、この二人はね

塙:それはね!違うの

土屋:つぶしにかかってるの分からないの?塙さん、笑

塙:あれは、THE MANZAIっていう大会が

若林:うん

塙:大会だからだよ、あれがM-1の2011だったらああなってないよ、1回リセットされてるんだもん違う大会になって

若林:あ、違うから?

塙:そうそう

若林:あ~それはそうなのか~

塙:1回リセットされて違う大会だからみんな定番のネタをやらなきゃダメなのよ

若林:あ~なるほどね

塙:そこでみんなトリッキーなことやってるやつはみんな失敗してるから予選で

若林:あ~落ちてた?

塙:ハライチの手紙ネタなんか最悪でした

春日:(笑いながら)いやいや

若林:いやいやだからさ~、笑

土屋:なんで言っちゃうんだよ

春日:なんで名前を出すのよ!?

土屋:熱くなるとさ~人を傷つけちゃうから、笑

若林:ヤバいよ

土屋:人を巻き込んじゃうからイヤなんだよ

塙:これも言わせて

一同:うん

塙:俺は、そうやってね「人を傷つけちゃう」とかここで言うやつが、俺を悪くしてる、俺は普通に意見として言ってるだけだから

春日:笑

土屋:も~

塙:でしょ?

土屋:も~!

若林:笑

土屋:笑えないよもう、うちらの漫才で

春日:笑

若林:笑

土屋:たぶんもう笑えないよ、うちらの漫才で

若林:めっちゃ不服そうな顔しちゃって、笑

春日:笑

土屋:いくら間違えても

塙:ちょっとやってくんないですかね?この番組で

若林:大笑

春日:(笑いながら)何を?

塙:え?お笑い論を

春日:大笑

若林:いや面白いんだよね、その話だと

土屋:熱く語るのは好きですよ、やっぱりね

春日:うん

若林:うん、笑、こっちが一個も毒吐いてないのがチキンみたいで恥ずかしくなってくるね

塙:いや毒とかじゃないもん

若林:笑

塙:それはね、毒って言うやつがおかしいのよ

一同:大笑

塙:毒でもなんでもないんだから!!

若林:意見だから

塙:だってそれがさ、マジでとらえてるやつは、逆にそれをマジでって思ってるってことでしょ?

若林:うん

塙:だって冗談かもしんないじゃん、磁石こわくな~いっていうの

若林:笑、うん

塙:マジでとらえるやつらの感覚でしょ?

若林:冗談なんですね!?塙さん、ね?

塙:冗談じゃないですよ

土屋:笑

春日:ダメじゃない、それ

若林:大笑

塙:冗談なわけないでしょ、こんなの

若林:大笑

土屋:塙さんは常にマジなんです

春日:そろそろ帰ってもらっていいですかね?笑

一同:大笑

春日:もうそろそろ

若林:帰らせないとね

塙:逆に、目が覚めてきちゃったな

土屋:もう寝れないね今日ね、たぶん寝れない

春日:知らないよそんなの

若林:笑、明日はやってくれるのね?しっかりラジオ

塙:明日やりますよ

春日:じゃあもう1回何時にね

塙:サンデー知っとかナイツ6時から

土屋:ニッポン放送でお送りします

若林:はい、ありがとうございます、じゃあ帰ってください

春日:おかみさん待ってるから

土屋:笑、じゃあ、ありがとうございました、ナイツでした

塙:3時5分くらいに待ってるから

若林:(笑いながら)そうじゃなくて

塙:下で、続きの話を

土屋:この後また話の続きをね、塙さんスイッチ入ってるから

若林:塙君終わったら電話するよ3時半頃

塙:あ~もう寝てる寝てる

若林:笑

土屋:どうもおじゃましました

春日:ええ、ありがとね

若林:ありがとね

塙:大丈夫だった?ちょっと長くなって

若林:全然いいよ

春日:全然大丈夫

塙:じゃあ、また

若林:じゃあね、ありがと

(CMへ)

 - オードリーのオールナイトニッポン, オードリーのオールナイトニッポン(2012年)