ラジオ書き起こし(ナインティナインとオードリーのオールナイトニッポンやキスマイradioなど)

個人的に興味のある番組の文字起こしです。

実録!若林学部①(オードリーANN2013年10月12日)

      2015/03/06

春日:深くこじらせてるようで、実は薄っぺらいかもしれないコーナーです

若林:分厚いわ!

春日:笑、そうでございますか

若林:何言ってんだい

春日:では行きましょうか、今週も判断していただきたい

若林:うるせーよ!

春日:笑、ラジオネーム毛根死に男

『風俗で、トゥースと言ったことがある』

スポンサーリンク

若林:あのね、無いですよ、ただ

春日:うん

若林:風俗嬢が言ったことはありますよ

春日:大笑、うわ~それはどうすんの?若林さん

若林:帽子かぶってたんですよ俺

春日:うん

若林:ガチャっと入って行って、俺の横座るじゃん

春日:うん

若林:顔のぞきこんで、帽子をゆっくり取られて「トゥース!」、やられたことある

春日:うわ~「若林さんですよね」っていう確認の前にってことでしょ?

若林:うん、俺は一番「トゥース!」ってのを忘れたくて風俗に行ってるのに、風俗で「トゥース」を思い出させてどうすんだよって思って

春日:笑

若林:もうその子は二度と指名しなかったですよ

春日:笑、まあね、でもどうだったんですか、その後は

若林:いや、いっちゃった

春日:笑、なんだよそれ!

若林:大笑

春日:聞いといてなんだけどね、ごめんなさいね、笑

若林:笑

春日:じゃあ、言われたことはあるのね?

若林:言われたことはあるけど、言ったことは無い

春日:ということは不合格ということでね

若林:不合格!

春日:え~福岡市ラジオネームトレハロース

『ファミレスで一人ネタを書いてる時、若干かっこつけている』

若林:いや~

春日:笑

若林:でも、あるかもしれない

春日:夜中とかね

若林:うん、いつもネタ書いてるカフェに毎日来る女の子がいて、その子がかわいいんだけど

春日:うん

若林:その子が入ってくると若干しかめっつらでパソコンを打ってる自分がいるよね

春日:笑

若林:普通の顔で打てばいいのに、ちょっとしかめっつらで

春日:考えてるような?

若林:みたいな、合格だね

春日:これは合格ですな

若林:うん

春日:ラジオネーム卑屈野郎

『ひな壇に居る時でも、「俺ならこうするな」とMCのシュミレーションを無意識にする』

若林:失礼だろ、これは

春日:笑、うん「俺ならこう振るな~」とか

若林:まあ、無いかな~

春日:無い?「俺ならこう振るな~」みたいなのは無いですか?

若林:ん~、まあ、たまにあるけどね「もう一展開あったかもな」って思うときが

春日:笑、なるほどね

若林:でも、それよりも「すげ~な~!」って思うことが増えた!

春日:あ~そっか、自分もやるから

若林:ほんとにめちゃくちゃ面白くてMCを何年もやられてるんだなって余計思うようになったね

春日:ふ~ん、なるほどね、じゃあこれは・・・どうなんでしょうね、合格?不合格?

若林:まあ・・・補欠合格だな

春日:笑、なるほどね

若林:うん

春日:ラジオネームたぶん西郡

『実は今小説を書いている』

若林:書いてね~よ!

春日:え?

若林:書いてないけど、「これ書けるな」っていう案が浮かぶことはある

春日:一ついいですか?

若林:笑

春日:一つだけ!もうなんかその~ボヤ~っとしたものでもいいのよ、おおざっぱなものでもいいけど

若林:うん

春日:もしね

若林:いや、それはやめとこう、マジで書くかもしれないから

春日:じゃあ合格ですね

若林:合格です!笑

春日:もう書いてるようなもんですからね

若林:うん

春日:え~東京都ラジオネー・・・・

若林:あの

春日:ん?なんですか?

若林:今ほら、あれがあるじゃない、リストラのあれで追い出し部屋ってのがあるじゃない、追い出し部署

☆追い出し部屋とは?☆

春日:あ~はいはい

スポンサーリンク

若林:追い出し部屋にいる6人の中年の話を思いついたことあるけどね

春日:なるほどね~

若林:いろいろこうさくしていくさ、もうでも1回頭の中で考えてたらちょっと俺タランティーノ好き過ぎるなって思ってやめたんだけど

春日:笑、「裏切者は誰だ!」

若林:6人いて、笑

春日:全員黒いスーツ着て

若林:うん

春日:東京都ラジオネームシダーマウンド

『hitomiも苦手』

若林:大笑、だからさ、たまに来るyahooトピックスに追い込もうとするやつなんなの?

春日:笑、いやいや

若林:苦手じゃないですよ、得意ですよ

春日:そうですか?

若林:・・・得意ではないけどね!

春日:うん

若林:苦手じゃないですよ

春日:苦手じゃない?

若林:うん

春日:RIKACOさんは?

若林:笑、だから毎回言ってるように、苦手じゃないですよ

春日:あ~、そうですか、じゃあ苦手な人はいないってことですね?

若林:苦手な人はいないですよ、芸能界に私は

春日:あ~そうですか

若林:うん

春日:いるはずなんだけどな~

若林:そう?

春日:うん、笑、これは不合格ですね?

若林:不合格!

春日:なるほど

若林:うん

春日:ラジオネーム知恵蔵

『なんだかんだ言って、人としては最終的に山ちゃんより確実に上だと思っている』

若林:笑

春日:なんだかんだ言っても、よ?

若林:これね、山ちゃんもそうらしいんだよね

春日:え!?

若林:山ちゃんは俺のことを結局ダメな人間だと思ってるけど

春日:うん

若林:俺でもね、俺の方がたぶん人間的なダメ出しには強いのよ、安島さんとかに

春日:あ~

若林:同じダメ出しされるにしても

春日:なるほど

若林:山ちゃんてマジでほんとに4年くらい根に持つから

春日:笑、あ~なるほどね

若林:俺はけっこうそれはあるかもしんない、女の子に関しては山ちゃんは俺のことを見下してると思うもん

春日:へ~!

若林:恋愛なんて出来ない人間だって思ってると思うし

春日:ほ~

若林:まともな人間じゃないって思ってるのはすごい強いと思う

春日:へ~

若林:インタビューとかでも言ってるし、ただ、俺は山ちゃんよりまともだと思ってる

春日:笑、お互いが思ってるっていうことですね

若林:うん

春日:じゃあこれは合格だな

若林:合格ですよ

(つづく)

 - オードリーのオールナイトニッポン, オードリーのオールナイトニッポン(2013年)