ラジオ書き起こし(ナインティナインとオードリーのオールナイトニッポンやキスマイradioなど)

個人的に興味のある番組の文字起こしです。

ゲストオードリー①少年にとって「春日」はサンタさん(バカリズムANNGOLD2013年10月21日)

      2015/03/06

(バカリズム=升野)

升野:さあ、お待たせしました、それでは今夜のゲストをご紹介しましょう、オードリーさんで~す!

若林:よろしくお願いします、若林です

(音楽が流れる)

升野:バカにしてるね~、笑

若林:かかったことないけどな~俺らのラジオでは、笑

升野:完全にバカにしてる、笑、え~もうなんか、僕はもう知ってるから、あんまり茶番的なやりとりをしたくないんですが

若林:ええ

スポンサーリンク

升野:春日さんがいないじゃないですか

若林:そうそう、仕事で遅れてくるみたいですね

升野:あ、そうなんですか、仕事で?

若林:何かあるみたいですよ?なんかわかんないですけど

升野:なるほど、わかりました、途中から来てくれるんですよね?

若林:はい

升野:ビビって逃げたとかじゃないですよね?今日

若林:笑、ビビって逃げたとかじゃないですね

升野:ですよね?

若林:あれは伝えてあるんですよ、升野さんがこのラジオで言ってた

升野:ああ!

若林:どういう服装で来るのか

升野:だからそれは、僕は別に服装を指定したわけではないんですよ

若林:そうですよね

升野:僕にとっては、サンタさんなんですよね

若林:笑

升野:そりゃもしかしたら、ね?春日さんはただのお父さんなのかもしれないけども

若林:笑

升野:僕らみたいなね?春日に夢を持ってる少年たちの前では常に春日でいてほしいっていうことなんですよ

若林:笑、でも逆に升野さんが春日に夢を持ってくれてるっていうのが

升野:笑

若林:ビックリですよ

升野:いやいや、僕の中でそうですよ、テレビでああやって全部自宅も公開して、そこまでを春日としてるわけでしょ?

若林:はい

升野:あそこまでを春日としてるなら全て春日じゃなきゃいけないわけじゃないですか

若林:笑、ほんとつい最近ですよね、スクール革命っていう日テレの番組を見て

升野:そう

若林:「若林さん、春日さんってスベりキャラになってるんですか!?」って言って

升野:そう、ビックリして、言ってもそんなに春日さんのやつを追って見てるわけじゃないから

若林:もちろん

升野:僕の中ではあの春日さんが、のイメージだったんですけど

若林:ええ

升野:だから、今遅れてきたっていうのも、漫才の時に、こう遅れてくるじゃないですか

若林:笑

升野:ゆっくり、あれの

若林:笑、なるほど

升野:今日、場所が遠いから、まだ今向かってるんですよ

若林:あ~、笑

升野:スタートはね、スタートは同じなんですよ若林さんと、スタートラインは同じなんですけど、若林さんはここに、笑

若林:歩くのが遅いから

升野:遅いから遅れてるっていう演出なんだとしたら、もうすごいな!って、俺の中ではもう

若林:ギャラもらう大人としてアウトじゃないですか、もうそれ、笑

升野:大笑、夢をね、壊してほしくないというか

若林:はい

升野:俺の中で、なんていうのかな、一つのキャラクターというかね、たぶん僕みたいな少年が全国にいると思うんですよ

若林:笑

升野:で、もしかしたら夢を壊された少年もいると思うんです、スクール革命見ただの、なんか私服で歩いてる姿を見ただの

若林:はい

升野:で「どうも春日っていうのはあのままじゃないらしいぞ」っていうのを、小学校で、でも春日は春日なんだって信じ切ってる小学生もいるわけですよ

若林:笑

升野:その子がいじめられるんですよ「違わい!春日はいつだってピンクのベストだい!」

若林:大笑

升野:「バカかよお前よ~!」って、「芸能人がそのままの衣装で普段いるわけないだろ!」とかってさんざんいじめられてるんですよ

若林:なるほど

升野:家に帰って両親に話すんですよ、ね?そしたら両親は優しいから「そうだね、春日はずっと春日なんだよ」って言って、春日さんのところに手紙が来るんですよ、一通の手紙が!笑

若林:笑、なんですか、そのバカリズムTHE MOVEIみたいな話!

升野:大笑、ある時学校でいじめられてる、その子がいじめられてるところにあの、白いスラックスに

若林:笑

升野:ピンクのベストを着た春日さんが来て「やめたまえ君たち!トゥース!」っつって

若林:大笑、いろいろ混ざったな!ベイブルースとかそういう感じが、サンタクロースとか

升野:そう、笑、その春日さんであってほしいんです、僕の中では

若林:そうですよね?いや、自分の相方だから

升野:笑

若林:しかもいろんなタレントがいる中で、升野さんがそう思ってるのが意外なんですよ

升野:笑

若林:けっこうマジで思ってるところあるじゃないですか?

升野:マジで思ってます、ちょっと特殊じゃないですかあの人って、俺、他の人ではそこまで思わないけど、あの人は漫画ですよね

若林:確かに

升野:ね?

若林:自分じゃ、僕は気づかないですけど、確かにそういう風に世の中に出た人なんだなって、改めて思いますよね、そう聞くと

スポンサーリンク

升野:うん、絵のタッチが違うんですよね、二人で並んでると

若林:大笑、そっか

升野:隣、劇画なんですよ、だから、笑

若林:混ざっちゃってるんですね?劇画と

升野:混ざっちゃってる、そうそう

若林:笑

升野:僕はその設定として来てくれるんだっていう、まあ設定っていうとあれですけど

若林:はい、ええ、そうですね、僕もどっちなんだろうな?って今思ってるんですけど

升野:そうですよね、本人しか知らないんですよね、どっちもなにも、知らないTシャツの人が来たらそれはもう入り口で止めてほしいですし

若林:そうですよね、バカリズムの中ではそれは春日じゃないから

升野:春日じゃない、知らない人ですから

若林:それは入れない、笑

升野:ゆっくり歩く知らない人ですから、笑

若林:なるほど、俺もどっちというか、なるほどっていう感じなんですよね

升野:今日もたぶん来ていただいたら、トゥースをやっていただけると思うんですけどね

若林:笑

升野:トゥース最近やっぱりハッって締めるのが速いじゃないですか?

若林:早いです

升野:食い気味で締めるじゃないですか

若林:はい

升野:昔は、トゥース!でしばらく間があって、笑い待ちしてハッ!ってやってたんですよ

若林:はい

升野:今はトゥースハッってやってるから

若林:大笑

升野:間が怖いから

若林:はいはい

升野:笑、今日は僕の中では、僕のラジオに来てくれるわけですから、ね?

若林:はい

升野:僕のリスナーもそりゃもう春日さんに夢を持った少年たちばっかりですから

若林:升野さん、それは、まず俺、相方じゃないですか

升野:はい

若林:トゥースやったとして

升野:はい

若林:トゥースをやったところで、作家さんはもちろん笑わないだろうし

升野:大笑

若林:升野さんがまず笑わないじゃないですか、そりゃ締めるの早いですよ、あいつも、笑

升野:それが分かってるから

若林:それが分かってるから

升野:でも春日さんはウケるウケない関係無いんですよ

若林:なるほど

升野:そこの次元にいないんです

若林:升野さんの中では

升野:そう

(つづく)

 - オードリーのオールナイトニッポン, オードリーのオールナイトニッポン(2013年)