ラジオ書き起こし(ナインティナインとオードリーのオールナイトニッポンやキスマイradioなど)

個人的に興味のある番組の文字起こしです。

ゲストオードリー⑥バカリズムくんを始め、全国の少年たち、春日の登場ですよ(バカリズムANNGOLD2013年10月21日)

      2015/03/06

(つづき)

升野:メール読みますね、ラジオネーム河川鉄道スリーワン

『おい!あと1時間しかないじゃないか!春日さんは1時間でおさまるような男じゃないぞ!』

若林:笑

升野:なるほど

若林:きてますね~

升野:あと、ラジオネームかみかみ侯爵

『バカリズムさん、春日は春日ですよ。おい若林!カスミンという言葉を一切言うな!出ていけ!』

若林:笑

スポンサーリンク

升野:やっぱり聞いてる方たちは夢を抱いている少年ばっかなんですよ

若林:なるほど

升野:みんなグローブをはめて、笑

若林:笑、待ってるんですね

升野:ボールにサインしてもらおうと思って、春日さんに

若林:大笑

升野:どうします?これね、もうこうなってくると、笑

若林:そうなんですよね

升野:どうなんだ?ってことでしょ?

若林:はい

升野:どこで呼ぶんだっていうか、なんかもう呼んだ方がしゃばいみたいな

若林:笑

升野:呼んでる方がビビってるみたいな感じするじゃないですか

若林:そうですね、空気的には来てるような空気も無くはない・・・

升野:なんかあるんですよね、スタッフさんがみんな向こう見てニヤニヤしてるんですよ

若林:でも、来てたとしたらどうしてるかもわかんないですからね

升野:ね?呼ばれたら来るんですかね?

若林:来るんですかね~

升野:この話になったら来るんでしょう、居たとしても僕らの視界には入らないように配慮してるっていうことは伝わってきますよね

若林:ラジオですけどね

升野:笑、そう、だから僕ら用でしかないんですけど

若林:なるほど

升野:だから、春日さんはそんなね?「春日さんです!」って言われて入るんじゃなくて春日さんのタイミングで入ってくれば、だって僕は「オードリーさんです」って紹介はしているわけですから

若林:そうですよね

升野:あそこが僕のオードリーの2人へのキューですから

若林:笑

升野:それに対しての春日さんが、よっこらしょって動き始めたわけですよ、笑

若林:笑、そうですよね

升野:そうそう

若林:もう来てたとしたらこの時点でなんか、だから自分のタイミングとかあるんですかね?

升野:なんなんですかね?

若林:割って入るイメージなんですもんね?升野さんの中では

升野:そう、もうこっち的にはいつでも来てほしいですけど

若林:笑

升野:入れなくなっちゃったんですかね?それとも別の水色のを着てるからどうしようかってなってるわけではないですよね?

若林:笑、うちの方のラジオの作家と話し込んでるかもわかんないですけど

升野:大笑、どうするか?まあ全然入って・・・来てないんならしょうがないんですけど

若林:はい

升野:他にもいろいろ、ほとんど春日さんへの

若林:みんなやっぱり、ひきはそっちなんですね

升野:ええ、ラジオネーム赤色紙コップ

『バカリズムさん、カスミンってなんですか?春日さんの正体はカスミンだったのですか?春日さんって本当はいなかったんですか?僕はずっとパパとママにだまされていたんですか?』

若林:笑

升野:っていうね、ほら!もうね、これを聞いてる何人の子供たちの夢を壊しかけてると思ってるんですか

若林:ちょっと品が無かったですね、カスミンなんてことを

升野:ね?

若林:はい

升野:全然違う

若林:パラレルワールドの話ですからね

升野:そう

若林:もしっていう話ですから

升野:そう、笑、違う作品ですから

若林:違う作品、12時を回ったらの話ですからね

升野:そうそう

2人:大笑

(CMへ

CM明け)

升野:メールが止まりませんよ、ラジオネームデルピエロウ

『若林さん、このラジオはたくさんの子供が聞いています。なのでカスミンの話は控えてください。配慮に欠ける発言だったと思います。』

若林:笑、そうですね、ほんとに正式に謝罪したいと思います、すいません

升野:笑、そうですよね

若林:はい

升野:たくさんの子供が聞いているわけですから、壊してはいけません、ラジオネーム地球の明日

『もう我慢の限界です、そろそろデモが起きます。』

若林:笑

升野:春日さんのファンの方たちがしびれを切らしている

若林:これ、待ってるんですかね?呼びこまれるのを

升野:どうなんですかね?

若林:それとも怖くなっちゃってるのかな~

升野:ん~、僕もいざ来られて

若林:笑

升野:何をしゃべろうっていうのはもう、けっこう今来る前の段階でたくさん盛り上がったじゃないですか

若林:はい

升野:あのへんの少年の話?いじめられた少年のところにっていうくらいが、僕と春日さんの関係性上、盛り上がりのピークだったんじゃないかって

若林:笑

升野:いざ来たら、なんかこう、笑

スポンサーリンク

若林:逆に彼が逃してますよね

升野:大笑

若林:来るタイミングを

升野:そうですよね

若林:うん、こっちのせいじゃないですよ

升野:そうですよね!僕ら的にはいつ来てもよかったわけですから

若林:はい

升野:来たら僕的には「わ~春日だ~」って言って、一緒に写真撮ってもらって終わり、みたいな

若林:はい、乱入っていうやつですから、彼は

升野:そうです、だから今更呼び込むっていうのはね、2回呼び込むことになりますし

若林:ん~

升野:なんなんですかね?これ、どんどん入って来辛くなると思うんですけど

2人:笑

升野:なんなんですか?

若林:こわいのかな~

升野:泣いてる、とかじゃないですよね?

若林:コンビ揃ってよく泣くコンビになっちゃいますね、それだと

升野:プレッシャーに押しつぶされて、笑

若林:笑

升野:そうですよ~もうほとんどメールも紹介しちゃいましたし、じゃあまあ、オードリーの二人に来てるメールを紹介しましょうか

若林:はい

升野:ラジオネームはっしー

『バカリズムさん、オードリーのお二人、こんばんは。先日のアメトーークでケンコバさんが絶対結婚できないメンバーとしてバカリズムさんの名前を挙げていました。あまり浮いた話のないお3人ですが、3人の中で一番結婚と縁遠いのは誰だと思いますか?』

若林:あ~、これけっこう話しますよね?

升野:話しますね、ずっとなんか俺らの日曜芸人のロケバスの2人になったバージョンの永遠のテーマかもしれない

若林:永遠のテーマですね

升野:ね?

若林:これでも、升野さんがいつもおっしゃるのは「若林君よりはちゃんと恋愛できるから」っていうのは

升野:それはもう僕は各所で言ってます

若林:笑

升野:笑、日曜芸人に出てて、あれだけ前に出る山崎さんと人見知りの2人でバランスが面白いねっていったときに、ちょっと待って!と、彼と一緒にしないで、と

若林:笑

升野:笑、同じ人見知りで似たような性格ですけれども、彼のはもう本物です、と

若林:はい

升野:僕はどっか、そこまででもないというか、ビジネス人見知りっつったらあれですけど、話せる人とはちゃんと話せますしっていうのはあるんですけども

若林:そうですよね、升野さんってマジの話、九州男児のように愛すんですか?女性を、マジの話なんですけど

升野:笑、マジの話って?いや、普通にあの~あれですよ、普通に交際しますよ?

若林:はい

升野:え?何人くらい交際してきました?

若林:僕、もう交際してきたのは7人くらいなんですけど

升野:あ!

若林:彼女いないのは、7年8年くらいなんですよ

升野:そうなんですか!?

若林:はい

升野:僕は2年くらいですよ

若林:2年くらいですか?

升野:はい

若林:あれですよね?一緒にけっこう住んでた・・・

春日:トゥース!オードリーか~すがっ!

升野:笑、春日だー!!!!!本物の春日だ!

春日:みなさん、本物の春日ですよ!

升野:やったー!笑

春日:へっ!

若林:笑

升野:春日だー!

春日:やっと来ましたよ、待たせましたね

若林:春日で来たのか

升野:春日だー!

春日:春日でございますよ

升野:笑

春日:バカリズムくんを始め、全国の少年たち、春日の登場ですよ!

(つづく)

 - オードリーのオールナイトニッポン, オードリーのオールナイトニッポン(2013年)