ラジオ書き起こし(ナインティナインとオードリーのオールナイトニッポンやキスマイradioなど)

個人的に興味のある番組の文字起こしです。

ゲストオードリー⑨春日、お前実は春日なんだろ!?というイジれら方(バカリズムANNGOLD2013年10月21日)

      2015/03/06

(つづき)

升野:あの、春日さん、笑

春日:ウィ

升野:CM中にうちの作家が「どうも作家の平松です」ってあいさつした時に、ほんとはちゃんとあいさつしたいけど俺が見てるからどうしていいかわかんないくて、でも今別にCM中だし、笑

春日:笑

升野:こういう時どうしたらいいか決めてないから、すごい一瞬間があって、どっちにでも取れる「(小さな声で)うぃす」って

オードリー:大笑&拍手

スポンサーリンク

春日:それはいいじゃないですか、言わなくていいでしょうよ

升野:ほんとはちゃんとあいさつしなくちゃ、しないと、無礼な奴だとは思われたくないから

春日:笑、そういうつもりはない

若林:でも本来「覚えといてあげよう」でしょ?

春日:そうだね

升野:そうそう

若林:それと「おはようございます」の間が「(小さな声で)うぃす」

升野:ものすごい小さい声で「うぃす」

若林:笑

春日:うん、笑

升野:ちょっと、なんなんですか?どっちか決めてくださいよ

春日:いや、覚えといてあげようっていうね?何かあったら使ってあげようっていうね

若林:いや、それを言ってくださいよ

升野:笑、回ってないところの立ち振る舞いですよ

春日:笑

升野:僕には回ってる回ってない関係ないですから

春日:そうですね、そうそう、そうなんですよ

升野:春日さん、いっぱい来てますよ、ラジオネーム河川鉄道スリーワン

『春日さんが登場したけどあと30分しかないぞ。よしニッポン放送!春日さんのためにあと1時間放送時間を延長しろ!』

春日:おお~

升野:よっぽど好きなんですね

若林:すごいな~

春日:ありがとな!

升野:ラジオネーム上下関係ギリギリ

『哲学者のソクラテスはこんな言葉を残しています。春日とは存在ではなく概念である。』

春日:大笑

升野:名言ですよ!まさにそうですよ

春日:そうですな~

升野:ずっと続く普遍的の、ね?いつの時代にも存在する、いつの時代にもある概念ですよ、我々の中にある

春日:うん

升野:春日とは、笑

若林:笑、そうなのかな~?

春日:現象だしね

升野:そうそう、笑、現象なんですよ!

春日:一つの現象

若林:俺、中学生の春日を知ってるから、しっくりこない

升野:笑

春日:概念とずっとコンビを組んでる

升野:ずっとそうでしょ?春日物語っていう、その物語の中では

若林:はい

升野:小さい頃の春日さんをね?例えばこういうドラマで子役をやるとすれば、小さいピンクのベスト着た春日さんが小学校で、笑

若林:ちびたまとかじゃないんですから、そんなことじゃないですよ

升野:毎日遅刻するから、ゆっくり歩くから

春日:うん

若林:春日は中学の時クラスで一番下のグループ入ってましたよ

升野:え!?下なんてあるの?

春日:笑、ちょっと待て待て!

升野:春日に上下なんてあるの?

春日:無いですよ!

若林:ミニ四駆やるグループに入ってたよ、丘で、中学の時に、怖い人たちにミニ四駆蹴られてさ

升野:笑、え!?そうなの?それ春日さん?

春日:いや、だから春日は別に下だと思ってないですよ

若林:そうか

春日:ミニ四駆を廊下で走らせながら、概念だなと思って

升野:笑

春日:周りが勝手に上のグループと下のグループとか決めたりしてるから

若林:あ~

升野:そうか

春日:そういうのはくだらないね、物差しで測るんじゃないとは思いますよね、春日の事を

升野:それはかっこいいですね

若林:ミニ四駆を蹴られてたのは?

升野:笑

春日:蹴らしてやったんだ

升野:蹴られても追わないですもんね?

春日:追わないですよ

若林:追ってた追ってた「あ~!」って

升野:笑、えー!?

春日:それは!

升野:いつから、春日になったの?違いますよね?

春日:違いますよ!

升野:生まれたのが春日ですよね

春日:そうですよ、おぎゃーが春日ですよ

升野:おぎゃーじゃないトゥース

春日:トゥースです

若林:大笑、今のはお前!

升野:おぎゃーって言っちゃってる

春日:笑

若林:今のは凡ミス

升野:笑、おぎゃーって言っちゃったよ

若林:升野さんの方が、春日がうまいじゃないですか

全員:笑

升野:春日の演出が

若林:演出が

全員:笑

升野:それだから、生まれたときから

春日:もちろんそうですよ、別に何を頑張ってるわけじゃないし

若林:そう

春日:ただただ呼吸するように春日をやっているだけだよ

升野:笑

春日:まあ、やっているというか、やってるとかじゃないけど、笑

升野:やるとか、春日は行為じゃないですからね

春日:笑、行為じゃない、概念ですから

升野:笑、概念です

若林:お前、春日下手!

升野:笑

春日:下手とかじゃない!

若林:笑

スポンサーリンク

春日:春日がルールなんだから、下手も上手いもないだろう

升野:笑、そうですよね、僕らがやろうとしたらどんだけ上手くできてても、春日さんとしたら下手だなってなるけれども

春日:ええ

升野:春日さんは噛もうとどうしようと、やったことが春日の言葉ですから、言動、行動ですから

若林:あ、そうですか

春日:常に正解を出し続けてるってことよ、春日の正解を

升野:そう、1回もブレてない

若林:そう?

春日:ブレてないです

升野:うん

若林:さっきの「おぎゃー」もそうなんですか?

春日:それはもちろんそうです

升野:うん

若林:え、さっきの「おぎゃー」はなんだったの?じゃあ

升野:笑、え?おぎゃーって生まれてたんですか?

春日:いや、あの、トゥース!で生まれました

升野:笑、そうですよね?なんで言っちゃったんだろう

若林:あれは何?

春日:あれは、だから、わかりやすく合わせたんだよ

升野:僕らに合わせてくれたんですね?

春日:「トゥース!で生まれたってどういうこと?」ってなるから、そのへんは春日は覚えたんです

升野:あ、そっか、僕とかはすぐにわかるけど、そこまで春日を知らない人にとっては

春日:そう

升野:「トゥース!で生まれたってなに?」って1回春日も説明をしなきゃいけない

春日:ちびっ子も聞いてるし、そらそうだ

升野:そこに対する配慮ですよ

春日:うん、笑

升野:僕らの言語に合わせてくれたんですよ、春日が

若林:笑

春日:それは春日が成長したところですよ

升野:笑

春日:歩み寄りが無かったから今までは

升野:そうですね、あまりにも春日のままで居すぎると、視聴者を置いてきぼりにしている

春日:ちょっとね

升野:子供たちを置いてきぼりにしてる

春日:入り口を広くしてあげようかなっていう、春日の優しさ

若林:どうでもいい話の、論理が難しいんですよ

全員:大笑

若林:聞いてる人、難しいよ、どんどんブラッシュアップされてんだけど、難しいの

升野:大笑

若林:でもどうでもいいの!笑

升野:今日は、ほんとにね俺、安心したから、今後ね?俺、見ますからね!

若林:笑

春日:ええ

升野:俺はちょっとどっかで、スクール革命でのあのスベる春日を見てから、俺はちょっとテレビ離れしてたところがあるんですよ

若林:大笑

升野:どこでスベる春日を見せられるのか、夢を壊されるのかわかんないから、極力見ないようにしてたんです

若林:大笑

升野:春日という存在をね

春日:ウィ

若林:笑

升野:僕の中では、あの春日のまま、僕の心の中に春日はいるから

若林:はい

升野:その春日を今僕はずっと見続けて

若林:なるほど

升野:で、今日、ね?春日はちゃんと春日だったっていうのをここで証明してくれたから、こっから僕はオードリーの出る番組を全部チェックしようと思う

春日:うん

若林:笑

春日:ウィ

升野:笑

若林:大丈夫?

春日:いやほんとに辛い思いをさせたね、今までね

升野:いろいろ心配しましたけど

春日:そうね

升野:今日ここでちゃんと春日さんが堂々と春日宣言をね

春日:ええ

升野:改めてやってくれたということで、安心しましたから

若林:いや、難しいのが、春日はお前実は一般人なんだろっていうイジられ方はさんざんやってきたんですけど

升野:笑

若林:春日、お前実は春日なんだろ!?っていうのは初めてなんですよ

全員:笑

若林:俺、どうしていいかわかんない

升野:新しいところ

若林:初めてなんですよ

春日:それはとまどうでしょう、君はね

若林:そうだよね、とまどうのは俺だけだよね?

春日:君が合わせなきゃ、早いとこね

若林:そっかそっか

升野:だからそれまでそういうことがあったとしたら、それは春日さんが合わせてくれてたのかもしれない

若林:あ~!

春日:そうそう

若林:そうやってイジるならイジりなさい、と

春日:うん、それはオモチャになってあげようじゃないかっていうね

升野:うん

若林:あ~そうだったの

(つづく)

 - オードリーのオールナイトニッポン, オードリーのオールナイトニッポン(2013年)